サムネイルからてにをはを消せ

イラスト・デザイン
この記事を書いた人

デザイン科卒、企業で販促物デザインを4年担当・150点程度制作。
最近では、Brainサムネイルを659枚分析するという奇行も…
商品売上がデザインによって変わる現場を嫌というほど見てきた私だからわかる、注目されるデザインTIPSについて発信しています。

yukiをフォローする

こんにちは、ゆきです。

突然ですが、サムネイルに文字を配置するのって、
難しく感じることないですか?

「文字組」と言われる文字のレイアウトは
デザインの基本でありながら難しい要素でもあり、
プロのデザイナーでも苦手としている人は多くいます。

ただでさえ難しい文字組なわけですが、
実は「あること」を知らないまま取り組むと、
難しい文字組がもっと難しくなってしまうんです。

プロのデザイナーなら常識的なことなんですけど、
あまりに常識的すぎて話題にすら上らないので、
初心者デザイナーやノンデザイナーは
いつまでたっても気づけないという
悪循環すら発生しています…

今回はその文字組をするうえで知っておくべき
「あること」について解説します。

 

文字組に必要な「あること」

その「あること」というのは、
タイトルにもある「てにをはを消せ」ということ。

「てにをは」というのは、助詞にあたる言葉のことです。

これだけじゃピンとこないと思うので、実際に例を挙げてみますね。
例えば、次のテキストをサムネイルに入れたいとします。

 

「初心者でも1カ月で1万インプに伸ばす方法」

 

多くの初心者デザイナー、ノンデザイナーがやりがちなのが、
こんなサムネイルです。

 

テキストに忠実なのは素晴らしいですが、
ここで助詞を消してみると、どうでしょうか。

 

 

比べてみるとよくわかると思いますが、
パッと見でも、
「に伸ばす方法」
「伸ばす方法」だと、
後者の方が読みやすいですよね?

これが「てにをはを消せ」ということ。

多少言葉を省略して意味が伝わるのが、
日本語のいいところです。

それを利用して、デザイン的に余分なところは取ってしまおう、
というのがこの方法論。

「えっでもそんなことしたら、地の分と整合性取れなくなっちゃう!」

…と思った人もいるかもしれませんが、
心配することはありません。

そんなこと気にしてるのは、作った本人くらいなものです。

たいていの人は、
画像と地の文が違っていたところで気にも留めませんし、
気付いたところで特に何も感じません。

それなら、より読みやすい画面を作った方が
ユーザーファーストだと思いませんか?

もちろん、全部の助詞を消していいっていうわけじゃないけど
特に改行した時の先頭に助詞が来るのは、
今後はナシにしましょう。

ストレスなく読んでもらうためには、
こういった細かいポイントに気遣いができるといいですね。

学生時代からデザインを勉強し、
会社員になってからも「物を売るための販促物」を
作り続けた経験をもとに、
たった5分で誰でもプロ級サムネイルが作れる
デザインテンプレート集を作りました。

Canvaの無料素材のみで作成しているので、
追加費用やアプリの導入は不要です。

サムネイルは外注すると、
安く見積もっても1枚5,000円程度かかりますが、
本テンプレートは1枚当たり最大約150円と高コスパ。

Brain・Tipsを複数ローンチ予定の人
無料企画を打つのにサムネイルが欲しい人
プロに頼みたいけど予算・納期が合わずに困っている人
自作したいけど、うまくできずに修正が泥沼化してる人

全部、このテンプレートで解決します。

スキマ時間を効率的に使いながら
コスパよくサムネイルを作りませんか?

無料サンプル配布中。
▼くわしくは画像をクリック▼ #AD

イラスト・デザイン
yukiをフォローする
ゆきログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました